虎太郎が好きなんです♡

犬ばか美容師♡

誰でもいいわけではないんだよね

とあるセンターに収容されている

1匹の柴犬の情報を拡散している

Facebookの投稿を見ました。

 

その投稿には

柴犬の写真とともに

こう書いてありました。

 

 ✸ ✹ ✺ ✻ ✼ ✽ ✾ ✿ ❀ ❁

 

噛みぐせがあるせいか、犬歯を削られていて、
預かり、里親さんもなかなかいません。

このままですと、処分されます。
どうか、噛みぐせがある事を理解して、最後まで面倒見て下さる方はいませんでしょうか?

 

命を手放したあなたに一言
幸せになれないよ 絶対に

 

そして、白柴くん
来世は絶対にいいお家に生まれ変わって来てねと祈る事しか出来ません。

最後にもう一度可能性にかけてみたいと思います。
どうか、事情を受け入れて、助けて下さい。

 

 ✸ ✹ ✺ ✻ ✼ ✽ ✾ ✿ ❀ ❁

 

可哀相に。

本当、確かに、この柴犬には

なんら罪はない。

 

 

ので。

 

この犬に罪がないことは大前提で書きます。

 

歯を削ってあると言うことは、

それだけ噛み付く行為があった。

また元の飼い主のできる限りの策だった可能性はある。
おそらく元の飼い主は怪我もした可能性もおおいにある。

だから歯を削ったのではないでしょうか。

 

さらに写真で見ると尻尾の先が

ないように見えるので

先天的な奇形じゃなければ

犬自らが噛んだ可能性もある。

つまり、もしかしたら強迫性異常症などが

ある可能性もある。

 

どうしてそうなったかは
環境作用が問題だったのかどうかなどは

見えない部分です。

 

また、扱えない許容が足りない

不適正な飼い主の元にいて

起こった問題なのであれば少なくても

「可哀相だから」等の感情論だけで、

また知識もない人間が引き受ければ、

改善することなんてないはず。

 

このセンターでの
なんとなくの想像の範囲だけで、

「全てを受け入れて引き受ければいい」

なんていうのは、ある意味、無責任な話。

 

誰かいませんか?じゃなくて
この犬を扱える人は

限られた人しかいないのではないか?

 

そうしたことを考えずに
むやみやたらに「誰かいませんか?」は

本当どうなんだろうと思います。

 

センターから出して

処分を回避することは

さして難しい話ではないはず。

 

でも先々のことを見据えれば

考えずして無鉄砲に感情だけでは

できないこともある。

 

 

以下の、とあるセンターに

収容されていた雑種犬の開示されていた情報があります。

 

f:id:miwa518:20160812212453j:image

 

人の手を擬視し威嚇し咬みにきます。

そのため判定テストが受けれないため

きちんとした性格、性質が不明

 

と、書かれています。

 

この犬は引き取りを申し出た方がいたようで

処分は回避されました。

 

ただ開示されていた情報には

一度センターに来て実物を確認してください。

実際にご自身で接して本当に自分で

終生飼育ができるか良く考えて頂きたいのです。

 

と、ありますが、

どうやら実際は登録しているボランティアが

仲介する形で、この犬は全く別の方のもとへ

届けられたと聞いています。

 

まぁ、押し切られて渡してしまった

行政も行政なんだけどもw

 

 

犬を救いたいから手を上げてくれた

犬好きな人なら、どんな犬でも飼えるわけじゃないです。

 

本当に犬を救うつもりがあるならば

 

本当に、その犬の体だけ救うのではなく

その犬にとって適正な飼育管理ができる人のところに

的確につなげていただきたい。